離婚時年金分割制度は、離婚後に配偶者の年金保険料納付実績に一部を分割して、もう片方の配偶者が受け取れる制度です。
年金分割には、合意分割と3号分割があります。3号分割は、第3号被保険者が対象で、平成20年4月1日以降の婚姻期間のうち、第3号被保険者であった期間の分割を受けられます。夫婦間の同意は不要で、所定の手続きで2分の1の分割を得られます。
その他は合意分割になり、夫婦間の合意が成立した場合に限り、分割を受けることができます。合意分割では、まず年金事務所に「年金分割のための情報提供請求書」を提出して、「年金分割のための情報提供通知書」を受け取ります。その後、按分割合を話し合いますが、夫婦間の協議で決まらない場合には、家庭裁判所に申し立て調停を行います。離婚調停に付随して、年金分割の割合を定めることができますが、離婚後でも2年以内なら按分割合を求める調停を申し立てることができます。調停で合意に至らない場合には審判を申し立てます。調停が不成立になった場合には、審判手続きに移行します。審判の申し立てがあると、裁判官は書面照会などで相手方の意見も聞いた上で、按分割合を決定する審判を行います。審判で決定された後は、夫婦のどちらかが年金事務所に行き、手続きを行えば、年金分割の手続きが完了します。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。