相続が発生すると、被相続人の財産に属する権利と義務も引き継ぐことになります。ただし、相続人にはこれを承認するか放棄するかを選ぶ自由があり、マイナス財産が明らかに多かったり、相続争いに巻き込まれたくない場合などには、相続を放棄することが出来ます。
相続放棄の手続きは、自分が相続人になったことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述書を提出します。その後、家庭裁判所に認められれば、通知書が送られてきます。この期間内に申述しなかった場合には、単純相続と見なされます。また、相続人が未成年の場合には、その法定代理人が代理で申述します。
遺産分割協議などで、相続を放棄すると言っただけでは、法的な効力はなく、債務などがある場合には負担義務が生じますので、必ず家庭裁判所に申述書を提出するようにしましょう。また、相続の放棄をしても、相続財産を処分したり、隠匿した場合などは、単純承認したものと見なされますので、注意が必要です。
相続人全員が相続を放棄して、相続人がいなくなった場合には、家庭裁判所は申立によって相続財産管理人を選任します。相続財産管理人は、被相続人の債権者に債務を支払い、清算後に残った財産を国庫に帰属させます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。